読んで分かる!1日の仕事の流れ(急性期型病院薬剤師編)

基本的には夜勤のあるシフト制勤務

午前

急性期型病院に勤める病院薬剤師は、基本的に夜勤があるため、多くの場合日勤と夜勤のシフト制です。 日勤の場合、朝は8時30分~9時頃出勤します。

朝礼から始まり、医師や看護師、栄養士など、病棟チームでミーティングを行います。

入院している患者さんが夜間に使用した薬や、夜間に入院した患者さんの薬を確認するほか、退院患者への服薬指導なども行います。

午後

午後からは入院患者の持参薬の確認や、手術患者の術前休薬期間のチェック、院内での情報共有などが中心となります。また、病棟で患者さんの服薬指導にも従事します。

その後、日勤の場合は夜勤の薬剤師に引き継ぎを行い、17時頃退勤となります。

残業は病院によって事情が異なりますが、基本的に病院では多めに人を配置することがないため、多少なりとも残業が発生する職場が多いようです。

夜勤の場合

夜勤の場合、薬剤師は17時頃出勤し、夜間外来の対応をします。

医師や看護師と比べると夜間の緊急対応は多くないため、日中にできなかったカルテの確認作業などが中心になるようです。

入院患者への急変時などの薬物療法はもちろん、救急搬送患者を受け入れた場合などは、医師や看護師と協働しながら薬物療法を行う病院もあります。

翌朝は、日勤の薬剤師への申し送りなどを済ませて、朝9時ごろに勤務終了となります。