国内でも活用が始まっているPAとは?

医療サポートイメージ

PAって何?

PAとは、PA(Physician Assistant)の略。

医師の監督のもとに診察、薬の処方、手術の補助など、医師が行う医療行為をカバーする医療従事者のことを指します。

現在の日本にはこのような制度はないですが、医療機関によっては独自にPA制度を活用している診療所があります。

1)東京都板橋区 やまと診療所

在宅治療で必要な事について、治療を行う事以上に、、患者さんの生活に寄り添う事が重要だと唱えており、患者さんの歴史を把握し、現在の病状を踏まえ、今後どう生きていくかという指針を立てるためのサポートを行う存在として、在宅医療PAを導入している。

資格要件はなく、医療・介護未経験者の方でも、命の現場に対して興味関心がある人や、より深く患者さんと関わっていきたいという人であれば、PAになることができる。

PAの育成について

独居の方や老々介護の方たちも多い中で、患者さんとその家族たちがいかにその人達らしく生きていけるかを考え、サポートをしていくためには、医療福祉関連(医師や看護師、ソーシャルワーカー、地域包括ケアセンター等)や地域の人たちと、いかにうまく連携していけるかが必須となる。

その連携をスムーズに行う為に、間に入れる存在として、PAを育成していくという。

2)高知市 ひまわり在宅クリニック

医師、看護師の「働きすぎ」が問題視され、医療従事者の業務の生産性向上、業務の分担と最適化のために、医師の仕事の一部を他職種と分担する「タスク・シフティング(業務の移管)」「タスク・シェアリング(業務の共同化)」の重要性が強調されている。

そのための施策として、同クリニックでは「フィジシャン・アシスタント(PA)」という新資格を創設。

書類作成補助、カルテ入力、訪問先への運転、必要機材の準備など、医療以外の仕事をPA(アシスタント)が担う事で、医師や看護師が患者さまと向き合う時間を確保できる体制を整えている。

PAの育成やキャリアパスについて

医師や看護師が医学用語から医療制度、必要機材の名前、その必要性などをマンツーマンで教育する体制を整えており、未経験からでも就職できる。

PAのエキスパートを目指すだけでなく、介護事業の立ち上げやケアマネージャーの資格取得にも活かせる事から、将来は幅広い活躍が期待できる。

米国でのPAについて

医師の監督の下、医療行為をおこなうことをライセンスされた医療専門職です。

免許取得までの流れや職務内容、活躍する環境などを紹介しています。

国内での制度導入も話題に上っており、在宅医療に係る薬剤師にとって必要な情報となるでしょう。

1)養成・教育

大学卒業後(看護師など臨床経験を有する人も多い)、medical schoolおよび提携病院で 2~3年間のPA養成コース(修士課程)を修了する必要がある。

前半は基礎科目が中心で、医師・看護師・PAが教員を務める講義形式授業1,000時間、後半は医師による指導の下、病院での10科目にわたるローテーション2,000時間以上、診断、治療、手術手技、患者教育などに関する専門教育がおこなわれる。

修了後、NCCPA(National Commission on Certification of Physician Assistants)の国家試験PANCE(Physician Assistant National Certifying Examination)合格により免許が与えられる。

現在全米には148の公認プログラムがあり、ARC-PA(Accreditation Review Commission on Education for the Physician Assistant,Inc.)により認可されている。

学費は約3~6万ドルで、奨学金制度が活用されることも多い。

2)免許

各州Physician Assistant Committeeが免許を発行する。

2年間毎に100 時間以上のCME(Continuing Medical Education)受講と、6年毎の再試験PANRE(Physician Assistant National Recertifying Examination)合格が、免許更新の要件となっている。

3)職務

職務内容は州法Physician Assistant Practice Act)に従い、病院ごとにプロトコールとして定められているが、医師とコミュニケーションをとりながら、PA本人の経験能力の範囲内でおこなうというのが実情である。

病歴聴取、診察、検査のオーダー、検査実施、結果判断、結果説明、診断、治療、術前術後管理、手術助手、同意取得、カウンセリング、患者教育、薬剤処方、専門医への紹介などをおこなう。

PAが医療行為を行う時は、医師が傍にいる、または電話連絡が取れるところにいることが必要である。

1人の医師が同時に監督してよいPAは、4人までと定められている。

PAがカルテを記載するときは、PA自身のサインと監督医師の名前を記載する。

カリフォルニア州では、PAが記載したカルテに対して30日以内に、医師のチェック、カウンターサインが必要である。

監督医師のあり方に関しては州により様々な取り決めがあり、オハイオ州では医師が60分以内に現場到着できるところでPAは医療行為を行う、ケンタッキー州では新卒から18カ月間のPAは医師の現場監督が必要である、など。

処方に関してはあらかじめ文書によるガイドラインに定められており、それに遵守して行えば、DEA(Drug Enforcement Administration)numberを取得しているPAならPA単独での新規処方も可能。医師による個別チェックは不要である。

ただし、カリフォルニア州ではPAが処方した場合には7日以内に医師によるカルテチェックが必要である。

4)待遇と従業

全米PAの平均年収は8万6千ドル以上である。

診療報酬、処方料は医師が同じ医療行為をおこなった場合、同じ薬剤を処方した場合の85%(州によっては同額)が支払われる。

全米に約8万5 千人のPAライセンス保持者が存在する。そのうち87%が就業している。女性の方が多い(約2:1)。毎年約5,000名のPAが誕生している。

26%が家庭医療、25%が外科、16%が内科、11%が救急、4%が小児科、その他。

約40%は医師が経営するクリニックで働いており、約35%は病院勤務である。