~最新ニュースから~【門前から、かかりつけ薬局へ】

ニュースのイメージ画像

全ての薬局を、かかりつけ薬局へ

業界全体に大変革を促したのは、2015年10月、厚生労働省が新たな指針≪2025年までにすべての薬局を「かかりつけ薬局」にする≫と発表したことでした。

この再編の道筋は、
患者のための薬局ビジョン”とし、~「門前」から「かかりつけ」、そして「地域」へ~ とされています。

“薬局ビジョン”とは、3つのキーワード、「立地から機能へ」、「対物業務から対人業務へ」、「バラバラから一つへ」で貫かれています。

具体的には、門前薬局のような立地に依存し、便利さだけで選択されていた現在の姿から脱却し「かかりつけ薬局」に変更すること。

また、薬局に変更に合わせて薬剤師にも「かかりつけ薬剤師」として機能の変化を求められているのです。

かかりつけ薬剤師・薬局の図イメージ

参照資料:総務課【参考資料1】かかりつけ薬剤師・薬局 

担当者のつぶやき

日本の薬局数は、コンビニエンスストアよりもはるかに多く、今や約6万店に迫ります。

もはや薬局の新規出店の余地は小さいです。

調剤薬局としていかにして生き延びるか。

その鍵を、「調剤業務の専門性を窮めること」とする、薬局は増えてくることでしょう。

薬剤師としての転職を成功させるには、専門性の質を事前に高め、準備しておくことが1つのキーポイントになると考えます。

【転職をお考えの方へ】

薬剤師の転職なら、PP転職にお任せください!
豊富な人脈や実績を持つコンサルタントが、あなたの転職を完全サポート!
未経験OK、高給与など、充実の求人情報掲載中!
https://pptenshoku.com/