~最新ニュースから~クオール薬局で「こまもり袋®」が導入

ニュースのイメージ画像

小児科の処方を扱う店舗で配布開始

包装資材製造のタキガワ・コーポレーション・ジャパン(千葉県船橋市)は1日から調剤薬局大手のクオールと組み、子どもが誤って薬を飲まないように特殊な機能を付けた袋を一般家庭に配る。

薬の誤飲防止に対する意識を高めるとともに、製品の認知度向上につなげる。

同社が製造・販売する「こまもり袋」を、小児科の処方薬を扱うクオールの全国28店舗で通常の薬袋に代えて配布する。

こまもり袋は、特殊な構造のチャックをつけて子供には開けられないようになっている。

子供が扱いにくい「チャイルドレジスタンス(CR)」と呼ばれる機能を満たす規格の認証を2017年に取得し、米国ではすでに年間約200万袋を販売しているという。

記事引用元:日経新聞電子版より

【担当者のつぶやき】

近年、子供による医薬品の誤飲事故が増加傾向にあり、国がまとめている「家庭用品等に係る健康被害病院モニター報告」では、小児の誤飲対象として、常に医薬品・医薬部外品が上位となっています。

誤飲事故を防ぐ対策として

・手の届かないところに保管する
・カギのかかるところに保管する
・取り出しにくい容器に入れる

などが、あります。

これらの誤飲防止策は単独で行うのではなく、複数を組合せて行うことで、事故を置きにくくすることができるようです。

調剤師として、CSR活動(企業が社会に対して責任を果たし、社会とともに発展していくための活動)を通じ、安心・安全なヘルスケア環境の提供に従事したいものですね。

【転職をお考えの方へ】

薬剤師の転職なら、PP転職にお任せください!
豊富な人脈や実績を持つコンサルタントが、あなたの転職を完全サポート!
未経験OK、高給与など、充実の求人情報掲載中!
https://pptenshoku.com/