【2019年度最新版】薬剤師都道府県別年収ランキング

都道府県によって年収はどのくらい差があるのか?一番年収が高いのはどの県?薬剤師の年収について都道府県別に調査しました。

◆2018年都道府県別 薬剤師年収ランキング

厚生労働省の賃金構造基本統計調査(平成29年度)の結果をもとに、都道府県別に薬剤師の年収を計算し、ランキング表にまとめました。

全国1位は…奈良県の777万円!

2位は静岡県の685万円、3位は青森県の671万円、最下位は三重県で438万円でした。 ちなみに、ボーナスが一番高いのは富山県の138万円でした。

■薬剤師年収全国平均は544万円 。1位は奈良県の777万円。

 都道府県年収(万円)給与(万円)年間賞与(万円)
 全国平均54438.877.9
1位奈良77759.464
2位静岡68548.2106
3位青森67146.7110.6
4位栃木65644.3123.6
5位島根64843.8123.2
6位鹿児島62746.569.8
7位愛媛62441.8121.8
8位広島59339.1124.1
9位兵庫57540.193.3
10位東京57140.782.6

■11位~37位 富山のボーナスに注目

 都道府県年収(万円)給与(万円)年間賞与(万円)
11位大分57038.7105.5
12位山口56036.8118.6
13位群馬54939.674.3
14位秋田54836.3113
15位長野54537.891.5
16位高知54435.3120.3
17位長崎53738.772.5
18位福井53535114.5
19位埼玉5344054.4
20位神奈川53338.769.3
21位愛知53338.274.7
22位福岡5323876.4
23位岐阜53138.865.6
24位和歌山53138.964.6
25位福島53036.887.6
26位茨城52436.882.5
27位岩手52239.251.6
28位千葉51938.458.2
29位佐賀51937.964.3
30位北海道51836.481.4
31位熊本51336.476.7
32位香川51136.572.4
33位大阪51035.583.8
34位山梨51039.337.7
35位沖縄50738.446.7
36位富山50330.4138.4
37位鳥取50033103.9

■ワースト10 最下位は三重の438万円

 都道府県年収(万円)給与(万円)年間賞与(万円)
38位山形49831.6118.4
39位岡山49233.293.2
40位宮崎49037.244.2
41位滋賀48734.277
42位京都48435.558.7
43位新潟48132.887.7
44位徳島47934.169.6
45位石川47830.9106.6
46位宮城47131.493.9
47位三重43831.559.3

※表出典/厚生労働省の賃金構造基本統計調査(平成29年度)より。年収は「きまって支給する現金給与額(月給)」と、「年間賞与その他特別給与額(年間賞与)」をもとに計算。

◎年収を左右するのは薬剤師の「需給バランス」

薬剤師の年収は、年齢・労働時間といった諸条件に加えて、その地域の薬剤師不足がどれだけ深刻かに大きく影響されます。

薬剤師を求める事業所・医療機関に対して、働く薬剤師が少なければ「売り手市場」として薬剤師の年収は高くなり、反対に、働く薬剤師が多ければ「買い手市場」として薬剤師の年収が低くなります。薬剤師業界は慢性的な人材不足が続いていますが、地方都市や過疎地域ではその傾向がさらに強くでています。

都道府県別の年収水準の差はその地域特性が大きく関係するため、年収アップにもそれぞれの地域に合わせた交渉が重要になってきます。

転職のタイミングで年収を上げたい薬剤師の方は、薬剤師の紹介会社を利用した転職がオススメです。

経験・実績豊富な弊社までお気軽にお問い合わせください