【Vol.4 最終回】企業薬剤師ってどんな仕事があるの?~製品開発/生産・製造系~

企業薬剤師について紹介する、第4回。

今回は、研究・商品/製品開発系の仕事について見ていきましょう。

研究・商品/製品開発系

製品・商品開発/プロダクトマネジャー

医薬品や医療機器メーカーで製品の企画、開発に携わる。他部署との関わり合いが多いことからコミュニケーション能力が問われる。

「製品・商品開発」は、新たな製品の企画や開発をおこないます。自社が誇る技術やノウハウを深く理解し、強みや特性をどういった新製品に活かすことができるか考える能力が要求されます。医療や薬剤の知識を習得していることに加え、消費者・利用者の視点に立って思考できる人材が歓迎されるでしょう。実際に製品を使用する医療従事者とコミュニケーションを図り、有用な情報を収集する行動力も必要となります。

「プロダクトマネージャー(PM)」は、新薬開発の企画・立案が主な業務。経験豊富なMR(医薬情報担当者)が昇進してなるほか、専門知識を有する元医師や元研究者が就任します。外国語が堪能な人材の必要性が増していることから、外国人を採用するケースも増えています。

マーケティング/リサーチ

自社製品もしくはクライアント製品のプロモーション企画立案・実施・検証などを行う。データ分析や広告企画を担い、取引先と協力しながら仕事を進めていく。

【主な仕事内容】
・消費者ニーズ、競合品分析などの調査
・調査に基づき、コンセプトの創案など受容性の確認
・製品のマーケティングプランの立案
・コミュニケーションコンセプト及び広告、プロモーション戦略立案
・製品パッケージやデザイン選定 など

メディカルライター

医療や健康に関する情報を発信する。医療従事者や製薬業界向けの研究成果発表に携わるライターの仕事と、薬品や医療機器の販売促進のための文章やキャッチコピーなどをつくるコピーライターに大きく分かれる。

メディカルライターは治験の報告書、医薬品の製造販売に関する一連の作業や医薬論文の執筆が主な業務となり、メディカルコピーライターは販売促進のためのコピーライティングが主な業務となります。

薬剤師として培った高度な専門スキルを武器に、製薬会社や広告代理店の社員となる他、フリーランスとして活躍する事も可能です。フリーランスの場合は家事や育児と両立しながら働く事ができ、ワークライフバランスを取りやすい仕事と言えるでしょう。

生産・製造系

生産技術・生産管理/製造オペレーター

医薬品メーカーなどで医薬品原薬や医薬中間体製造に関わる業務を行う。生産計画の作成、原材料の在庫管理、受注出荷管理、小分け、包装、出荷業務など。

医薬品を生産するためのスケジュール作成・管理、生産に必要な資材や副原料などの発注業務や在庫管理、出庫の手配などを行います。医薬品生産のルールであるGMP(Good Manufacturing Practice)の理解と遵守が求められます。

スケジュールの管理は品質管理部門との調整はもちろん、資材メーカーの担当者との折衝・調整も行います。製剤によって3ヶ月~1年のスパンで計画を立案する為、状況を見ながら臨機応変に対応する事が求められます。

管理薬剤師系

医薬品管理薬剤師、医薬部外品管理薬剤師、化粧品管理薬剤師、医療機器管理薬剤師

医薬品メーカー、化粧品会社などで管理薬剤師として働き、自社製品や取扱い製品の品質管理などを行う。DI業務を兼務することも多い。

【主な仕事内容】
・倉庫内管理業務
・法律・制度の問い合わせ対応
・業務許可証の申請手続き
・社内関連部門と連携し、品質改善のための議論、是正処理
・顧客からのお問い合わせ対応
・販促品・パンフレット・CMなどの表記チェックなど

新商品の開発業務に関わることは少なく、品質管理や書類作成等のデスクワークがメインとなります。医薬品情報の提供や問い合わせ対応を行うDI業務(Drug Information,医薬品情報管理)を兼務する職場も多くみられます。

納得のいく転職を行うために

4回にわたって、医療機関(薬局や病院・ドラッグストア)以外で薬剤師が活躍できる職種や仕事内容を紹介してきました。

企業薬剤師は高収入や福利厚生の充実など、働く上で様々なメリットがありますが、調剤薬局やドラッグストアとは違って求人数が少なく、高度なスキルを求められる職場もあります。

なぜ企業への就職を希望するのか

転職理由は何なのか

企業で働きたい理由を明確にし、納得のいく転職活動を行いましょう。

安心して転職活動を行うために

私たちPP転職では、個人では難しい企業の情報収集、書類の添削や面接対策、スケジューリングや年収金額の交渉に至るまで、様々な面から薬剤師の転職支援を行っております。

ご登録から転職・就職に至るまで、費用は一切いただきません。

企業向け非公開求人もございますので、是非一度ご相談ください。
PP転職へのお問い合わせはこちら