~最新ニュースから~【2019年度】薬剤師で高い年収を求めるには?

ニュースのイメージ画像

薬剤師の2019年度、年収テーマの最後になります。

「賃金構造基本統計調査」のデータをもとに、経験年数別の年収について解説します。

  2019年度 薬剤師 経験年数別年収表
 区分
(経験年数)
薬剤師
(男性
薬剤師
(女性
0年 339.6 360.0
1~4年 471.4 361.1
5~9年 568.7 452.5
10~14年 646.0 500.4
15年以上 540.0 439.7

参照元:平成30年賃金構造基本統計調査(企業規模10~99人)

年収とは、職務経験を通じてスキルを積み重ね、あわせ増やしていくもの。

薬剤師は、特に職務現場の業務経験を通じ、基本となる調剤技術のスキルをあげることが多く、スキルアップには時間がかかります。

表のデータからは、雇用主は、経験年数が長く、職場での経験豊かな人材確保ができるように、年収設定をしているようにみられます。

経験が少ない段階で、転職で年収アップを希望する方は、評価される存在となれるよう、認定・専門薬剤師資格の準備に、早めに取り組むことがよいでしょう。