Vol.1 薬剤師が転職するベストなタイミングってあるの?

薬剤師として働く中で、年収やスキルアップのために転職を考える人は少なくありません。ただ、どのタイミングで転職するべきか、悩む方も多いでしょう。

そこで、薬剤師が転職するならどの時期が良いのかを、転職コンサルタントとして、知見と経験をもとにご紹介させて頂きます。

まずは失敗しない転職を目指す

転職は、人生の中でも最も大きな決断の一つと言えるでしょう。

悩みは様々ですが、「いい転職をしたい」と考えている人と同じくらい「失敗しない転職をしたい」と考える人が多いのではないでしょか。

求人数が増加し、好きなタイミングで転職が可能になりましたが、希望の職種が見当たらず、仕方なく転職した、という話もよく聞きます。

薬剤師にとって「ベスト」なタイミングを把握し、「失敗しない転職」を目指しましょう。

「求人が多い」1月~3月、7月~9月を狙う

1年で最も求人が多い時期は1~3月で、企業サイドも転職者サイドも人の動きが活発になります。

企業は年末年始や年度末で退職する薬剤師をターゲットにした求人が増加し、 転職者は12月のボーナスをもらった後に退職する人や、年度末を区切りにステップアップしたい人が増えるためです。

通常だと見かけない病院や企業からも募集があり、高収入や高待遇の求人もよく見かけます。

転職について具体的に考えていない方も、1~3月は魅力的な求人が出ている事が多いので、チェックする事をオススメします。

また、7~9月も、10月入社を狙った求人が出るタイミングです。

1~3月と比べると求人数は多くはありませんが、より良い条件の求人を獲得できる可能性が高まるでしょう。

ボーナスをもらってから退職する

ボーナスをもらった後に退職することは、薬剤師に限らず多いものです。

退職を伝える時期には注意が必要で、時期によってはボーナスの減額をされる可能性があります。

業務の引継ぎ期間やボーナスをもらった後に退職できるよう逆算し、前もって退職希望を伝えるようにしましょう。

職場に迷惑をかけないタイミングで退職する

私たちは「3ヶ月前には辞職を切り出す」事をおすすめしています。

労働基準法上は「退職届を出してから2週間以内」での退職が認められていますが、職場・会社側から不本意な引き止めを受ける事なく円満に離職するためには、3ヶ月前の切り出しがおすすめです。

通常、企業が1名採用するには、広告を出し、面接し、内定後に必要書類を揃えてもらい、といったプロセスに1ヶ月以上はかかります。

家庭の事情等で急に決まる事もありますが、会社や職場に必要以上の迷惑をかけないよう、「立つ鳥跡を濁さず」での円満退職をこころがけましょう。

Vol.2へ続く・・・