病院薬剤師の仕事内容と魅力を見てみよう

病院イメージ

|質、量ともに激変した病院薬剤師

少子高齢化の進行と医療費の増大によって、近年、病院をとりまく環境は大きな変化を遂げています。

特に病院薬剤師の業務は、質、量ともに激変しました。

かつては、外来患者に向けた調剤、製剤、薬品管理、それに医師への医薬品情報の管理が、業務のほとんどを占めていました。

それが1990年代に、入院患者を中心にした病棟向けの仕事が導入されます。

チーム医療の確立にともなって、注射処方箋の調剤、患者への服薬指導、医療事故防止のための医薬品リスク管理、さらに新薬の治験業務の管理など、さまざまなミッションが病院薬剤師に課せられるようになりました。

臨床現場が医師を中心に形成されていることは変わりませんが、チーム医療における薬剤師の存在価値は徐々に高まっています。

病院薬剤師の仕事内容とは

病院の薬剤部の場合、一般的な内科・外科的な疾患だけでなく、抗がん剤、抗菌化学療法用の薬剤、緩和医療用の薬物など、日常的に扱う種類は調剤薬局とは比較にならないほど多いです。

また、入院患者の服薬状況の把握に加え、重篤な副作用や相互作用、適正な血中濃度などの管理にも細心の注意が求められます。

今後、ゲノム医療や免疫治療などが本格化すると、薬剤の使用はさらに個別化、オーダーメイド化されるため、一人一人の患者さんへの目配りは、ますます大切なものになっていきます。

そんな時代を迎え、大規模病院の薬剤部では、「調剤科」「製剤科」「補給科」「医薬情報科」「病棟薬剤科」などに細かく分けたうえで役割をはっきりさせ、
さらに手術室を中心に治療チームに加わる「サテライト薬局」など、専門性の高い薬剤師を育成し、配置するところも出てきています。

日本病院薬剤師会と日本医療薬学会では、専門性が必要とされる「がん」「精神科」「HIV感染症」「妊婦・授乳婦」「感染制御」の5つの領域で、研修・講習を経て、試験に合格した薬剤師を「専門薬剤師」に認定するなど、エキスパートの育成にも力を入れています。

医師の処方箋に基づいた調剤や、疑義照会だけでなく、患者さんに対する薬学的なケア、問題点の把握、副作用のモニタリング、そしてそれに基づいた医師への処方提案や処方設計支援などのフィードバックまでをカバーします。

病院薬剤師の魅力とは

病院薬剤師の魅力としては次の2点が挙げられます。

・チーム医療のなかで「薬学管理のプロ」としてやりがいを得られる
・ハイリスク薬を含めさまざまな医薬品を取り扱える

チーム医療では、医師・薬剤師・看護師などの多職種が、それぞれ専門性を発揮しながら最も効果的な治療法を検討していきます。

チームのなかで薬剤師に求められる役割は、薬物療法が安全かつ最大限の効果を得られるように症状・効果・副作用についてアセスメントすること。

医師・看護師から頼りにされることも多く、「薬学管理のプロ」としての充実感を得られるという薬剤師が多いようです。

また、病院薬剤師は、調剤薬局やドラッグストアでは取り扱うことが少ないハイリスク薬に触れる機会にも恵まれています。

さまざまな医薬品を取り扱える病院薬剤師は、日々の業務を通じて他の業種よりも幅広い知識や経験を得やすいと言えます。

病院ならではの大変さもあり

やりがいがあり、知識の習得という点でも魅力的な病院薬剤師ですが、病院ならではの大変さもあります。

それは、「夜勤(当直)」の存在です。

当直の業務は、「救急外来患者の調剤」「病棟の急変患者への投薬」「緊急手術時の麻薬の用意」などが挙げられます。

薬剤師は看護師に比べて配置人数が少ないため、病院によっては1人で当直をしなければならないケースもあります。

他の薬剤師のサポートがない状況で夜間の調剤や投薬に対応するため、肉体的にはもちろん、精神的にも負担の大きい業務です。

当直の人員体制や業務内容は病院によって異なりますので、病院への転職を検討する際は、必ず職場の環境を確認するようにしましょう。

|個人の情報収集が難しい場合は…

転職のプロである私たちPP転職にお任せください。

個人では難しい企業の情報収集、書類の添削や面接対策、スケジューリングや年収金額の交渉に至るまで、さまざまな面から転職をサポートいたします。

ご登録から転職・就職に至るまで、費用は一切いただきません。

これから転職を考えている方も、お気軽にご相談ください。

→PP転職へのお問い合わせはこちら